menu

1.新潟市のスポーツ

新潟市におけるスポーツの歴史は、昭和39年(1964年)に開催された第1順目の国民体育大会開催を契機に大きく動き始めました。昭和40年代には日本のプロ野球と米大リーグの交流戦や国際交流都市とのバスケットボールや卓球、サッカーなどの親善試合がさかんにおこなわれてきました。またピーク期には900以上のチームが登録されるなど「するスポーツ」として早起き野球が活況を呈し、その盛り上がりからプロ野球の公式戦やオールスターゲームなども継続的に開催されています。平成に入ると、Jリーグの誕生、アルビレックス新潟のJ1昇格、2002FIFA日韓ワールドカップやコンフェデレーションズカップの開催などを契機に、新たな市民のスポーツとしてサッカーが親しまれ、競技人口も急速に増え続けています。そして2014年2月 通年型氷上スポーツ施設となる新潟市アイスアリーナが完成すると、市民クラブチームも増え始め、全国規模の大会の開催も決定するなど新たな新潟市のスポーツとして定着しつつあります。その他、マラソンシーズンの幕開けのレースとして県内外から12,000人もの参加者を集める新潟シティマラソンは、全国でも指折りのマラソン大会として毎年10月に開催されています。

① 野球

新潟市は昭和40年代から早起き野球がさかんに行われ、ピーク期には900を超えるチームが活動をしていました。プロ野球の公式戦やオールスターゲームなども毎年開催され、最近では甲子園での日本文理高校の活躍やアルビレックスBCの地域に密着した活動などにより市民の野球熱は非常に高く、その活動はBBガールズの発足といった女子野球にまで広がりを見せています。市内にはプロ野球公式戦も開催される「ハードオフエコスタジアム」をはじめ硬式野球場が複数存在し、少年野球から社会人野球まで、年間多くの全国・ブロック規模の大会が開催されています。

② サッカー

新潟市におけるサッカーは、1993年のJリーグ発足、そして2002FIFA日韓ワールドカップの国内候補地に決定することで急速な展開を見せます。数多くのJリーグ公式戦や天皇杯などが開催され、1999年にはアルビレックス新潟がJ2リーグにて活動を開始、2002年のワールドカップ開催を挟み、2003年にJ2リーグで優勝しJ1リーグに昇格すると、サッカーが市民に完全に定着しました。ワールドカップも開催された「デンカビッグスワン」(正式名称:新潟スタジアム)はアルビレックス新潟のホームスタジアムであると同時に、数多くの国際大会や代表戦なども開催される日本でも指折りの施設であり、市民のサッカーの聖地となっています。

③ スケート(氷上スポーツ)

雪の少ない新潟市にとって、もともと氷上スポーツは多くの市民に愛されてきました。2003年に新潟アイスリンクが施設の老朽化により閉鎖となり、市内のスケーターは上越市のリンクでの活動を余儀なくされていました。そういった市民の声を反映し、「新潟市アイスアリーナ」がアイススケート専用施設として11年ぶりに新潟市に完成。アイスホッケーやショートトラック競技の各種大会も数多く開催されています。さらにフィギュアの子供教室やグループでのリンク貸切予約が殺到するなど、新たな新潟市のスポーツとして定着しつつあります。

④ その他スポーツ

多くの体育館や屋外施設を有する新潟市には、様々な競技がさかんに行われています。毎年春には50年以上もの開催が続く全国高校選抜レスリング大会や、bjリーグ アルビレックスBBの活躍により市民に愛されているバスケットボール、北京五輪代表 遠藤由華選手を輩出した新体操、巻地区で町のスポーツとして定着し全国から多くの選手が訪れるホッケー、数多くの実業団の大会が開催される卓球、バドミントン、バレーボール、そして2015年に日本選手権開催が予定される陸上競技。いずれの競技もトップレベルの大会が開催されているのと同時に、多くの市民愛好家が存在する新潟市のスポーツといえます。



2.新潟市の主なスポーツイベント

① 新潟シティマラソン

萬代橋や柾谷小路、海岸線の美しい景観をバックに12,000人もの参加者を集める新潟で最大のランニングイベント。フルマラソンの他、10kmのコース設定もあり、県外からも多くのランナーが参加する。

② 新潟シティライド

自転車の有効活用によるスポーツ振興を目指し、新潟市が開催するサイクリングイベント。交通規則を順守し、完走を目指すレースで、初心者には新潟島と鳥屋野潟エリアを走る33kmのショートライド、中級者には岩室温泉を折り返す70kmのミドルライド、上級者には市内全域をめぐる120kmのロングライドのコース設定があります。毎年6月に開催され、多くの自転車愛好家が参加するイベントとなっています。

③ 新潟ヒルクライム

シティライド同様、自転車によるスポーツ振興を目的に新潟市が開催するイベントで、競技性をもったタイムトライアルレースとして毎年9月上旬に開催されています。弥彦山スカイラインを山頂まで自転車で駆け上がる中学生以上7.6km、小学生5.3kmのヒルクライムレース。500名以上の参加者が集い、自転車ブームもあって、参加者が徐々に増え続けているレースです。

④ 早起き野球大会

昭和41年から続く歴史ある大会で、毎年5月中旬から2ヶ月に渡り市内10以上の会場で熱戦が繰り広げられ、過去には最大で944チームの登録があったこともあります。現在は200チーム程度のエントリーとなっていますが、現在でも日本一の参加チーム数を誇っています。全国との交流もさかんで、中部日本大会、全国選抜大会などへの参加も積極的に行われ、市民の野球熱を支える一大スポーツイベントとなっています。



3.新潟市と関連のあるスポーツ選手及び団体

アルビレックス新潟

「デンカビッグスワン」をホームスタジアムとするリーグ内トップクラスの観客数を誇るJ2リーグ所属のサッカークラブ。1999年にJリーグ参加、2003年にJ2優勝、J1昇格を果たし、14年間J1の舞台に戦ってきましたが、2017年J2に降格。1年でJ1昇格の目標を掲げ、なおも新潟で愛されているクラブです。また、なでしこリーグに参加する女子チーム・アルビレックス新潟レディース(2002年創設・活動開始)を有するほか、会場の応援を彩るチアリーディングチームも運営しています。同クラブは、Jリーグ百年構想による総合型地域スポーツクラブを目指しており、バスケットボールの日本プロバスケットボールリーグ(bjリーグ)に新潟アルビレックスBBが、バスケットボール女子日本リーグ機構(WJBL)に新潟アルビレックスBBラビッツが参戦している他、2004年にスキー・スノーボードのチームアルビレックス新潟を、2005年に陸上競技の新潟アルビレックスランニングクラブを創設。更に、2006年にプロ野球独立リーグ・ベースボール・チャレンジ・リーグに参戦する新潟アルビレックス・ベースボール・クラブが、また2010年にはモータースポーツのアルビレックスレーシングチームが創設されています。

風間栄一

戦前から戦後にかけて活躍したレスリング選手で、のちに指導者としてレスリング競技のみならずスポーツ競技全般の普及や振興に尽力した新潟を代表する偉人であり、日本レスリング界の第一人者としてあまりにも有名。1936年にはベルリンオリンピックにも出場して5位入賞を果たし、1948年に地元に戻り選手活動の傍ら新潟商業高校・新潟高校で指導にあたりました。その後、新潟県アマチュアレスリング協会会長、新潟県体育協会副会長を務め、1964年の東京オリンピックで日本代表監督を務めました。金メダル5個をもたらしました。また1987年から1989年まで日本レスリング協会会長も務めました。新潟市では1953年より「風間杯争奪全国高校レスリング大会」が毎年開催されています。

高校野球

新潟県の戦後甲子園出場校20校のうち、新潟市からの出場は、新潟商業、新潟工業、新潟南、同市出身の漫画家・水島新司氏の代表作「ドカベン」のモデルとなった新潟明訓、日本文理の5校となっています。中でも平成21年第91回大会決勝戦での9回裏2アウトからの驚異的な粘りをみせた日本文理の活躍は記憶に新しく、平成26年第96回大会での準決勝進出など甲子園の強豪校と数えられています。この新潟市の高校球児の活躍により、地域スポーツとしての野球が今以上に盛り上がっていくことが期待されています。



4.主なスポーツ関連施設

① 新潟スタジアム(デンカ・ビッグスワン)

新潟県新潟市中央区新潟スポーツ公園内に位置する、多目的型大規模スタジアム。2014年からネーミングライツにより、「デンカ・ビッグスワンスタジアム」の呼称を使用しています。J2リーグの新潟アルビレックスのホームスタジアムであると同時に、日韓ワールドカップやコンフェデレーションズカップなど、2001年より様々な国際大会の会場として利用されて鳥屋野潟に飛来する白鳥が羽を広げる瞬間イメージさせるスタジアムの屋根の形状から「ビッグ・スワン」が一般公募により命名されました。ピッチはJリーグアワードにおいてベストピッチ賞を6度受賞しており、また陸上競技場として、国際陸上競技連盟(IAAF)クラス公認を受けるなど、施設としても日本有数の設備を兼ね備えています。収容人員42,300人。

② 新潟県立野球場(HARD OFF ECOスタジアム新潟)

新潟県新潟市中央区新潟スポーツ公園内に位置する2009年に完成した全面人工芝採用の野球場。ネーミングライツにより、「HARD OFF ECOスタジアム新潟」の呼称としています。内野席20,000人、外野席10,000人の計30,000人の収容人員を誇り、BCリーグ新潟県を本拠地とする新潟アルビレックス・ベースボール・クラブのメインスタジアムとして利用されています。開場以来、多くのプロ野球公式戦が開催されており、2010年にはプロ野球オールスターゲームも積極的な誘致活動の末開催されるに至りました。野球熱の高い新潟の聖地として、今後もその利用の拡大が期待されています。

③ 新潟市アイスアリーナ(MGC三菱ガス化学アイスアリーナ)

2014年2月に開場した、本州日本海側で初となる通年営業の屋内型スケートリンク。フィギュアスケート、アイスホッケー、ショートトラック、スピードスケートに対応するメインリンクと、国際公式規格に対応するカーリング専用レーンを有しています。ネーミングライツにより、呼称を「MGC三菱ガス化学アイスアリーナ」とし、屋根と南側の壁面に太陽光パネルを設置し、環境対策にも配慮した施設となっており、開場以来、市内外の学校やクラブによる貸切利用が非常に多く、地域の冬のスポーツの定着のための拠点として、大きな期待が寄せられています。また、2018年平昌冬季五輪に出場したロシア代表フィギュア選手団が大会直前期間中合宿を行いました。



5.過去の大型スポーツイベント・国内主要イベントなど

① 2002FIFAワールドカップ(日韓共同開催)

大会史上初となる2ヵ国開催となった2002FIFAワールドカップにおいて、日本10会場の1つとして新潟スタジアム(ビッグスワン)にて開催されました。試合は、1次リーグ・E組 アイルランド vs カメルーン戦、 1次リーグ・G組 メキシコ vs クロアチア戦、 決勝トーナメント1回戦 デンマーク vs イングランド戦の3試合がそれぞれ行われ、大会開催期間中は駅周辺を中心にワールドカップの装飾が施され、街中は大きな盛り上がりを見せました。新潟のサッカーの歴史はここから始まったと言っても過言ではありません。

② オールスターゲーム(2010年)

「マツダオールスターゲーム2010」の第2戦として、2010年7月24日、新潟で初めてプロ野球オールスターゲームが開催されました。このオールスターゲームはセントラル・リーグおよびパシフィック・リーグの対抗形式としては通算第60回目の記念大会にあたり、オールスター史上初となる篠笛による国歌斉唱(篠笛の演奏は、新潟市の郷土芸能 新潟萬代太鼓飛龍會、田村佑介)があり、地元新潟県の女子野球連盟BBガールズのバッテリー2名による始球式によりプレイボールとなりました。(ゲームは5-5の引き分け)

③ 風間杯 他

1953(昭和28)年に日本レスリング界の最大の功労者である風間栄一氏の名を冠した「第1回風間杯争奪全国高校レスリング大会」が開催され、以降この「風間杯」は、紆余曲折を経ながらも、『風間杯全国高校選抜大会』として現在も毎年春に新潟市で開催されています。

また、東総合スポーツセンターをはじめとする体育施設において、全日本実業団バレー(Vリーグ)や、卓球、バスケットボールなどの全国規模の大会が多数開催され、昨今では大型コンベンション施設「朱鷺メッセ」において、世界のトップスケーターが集うアイスショーやbjリーグ アルビレックスBBの公式ゲームなども開催され、新潟市の「観るスポーツ」の裾野が大きく広がってきています。

お問い合わせ

新潟市文化・スポーツコミッション

〒951-8062
新潟市中央区西堀前通6番町894-1
西堀6番館ビル4階
TEL:025-229-4245
FAX:025-223-9100
E-mail:info@n-csc.jp